2010年04月27日

福祉用具レンタル、9割がリピーター(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月末にも公表する「介護保険における福祉用具サービスの利用実態および有効性に関する調査」の結果の概要が、22日までに分かった。福祉用具レンタルの9割が継続利用者であることなどが初めて明らかになった。

 同省の「福祉用具における保険給付の在り方に関する検討会」はこれまで、福祉用具サービスの実態とその有効性が明らかになっていないことから、その調査が必要だとしていた。

 福祉用具導入後のメンテナンスが、半年に1回程度の頻度で提供されていることや、福祉用具全般の満足度が5段階評価で平均4前後であることも明らかになった。

 福祉用具の有効性については、定点観測調査を実施。86事例について7か月間調査した結果、生活動作能力が向上した事例は15事例だった。


【関連記事】
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」

情報管理徹底を 米側「怒り心頭」日本政府に厳重抗議(産経新聞)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
情報入手3時間後に株売却…あおぞら銀元行員(読売新聞)
【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年−式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
posted by ウエハラ ヒサイチ at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。